« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月27日 (日)

『仏像のひみつ』

東京国立博物館の人気展示が一冊に。

080427_butsuzo1_cover_2

『仏像のひみつ』→amazonへ
 山本勉=著
 川口澄子=イラスト
 2006年5月 朝日出版社
 

この本で、かんたんに、おおまかに、
でもしっかりと、仏像のひみつを知りましょう。
これからお寺や博物館で仏像に出会うのが、
そして鑑賞するのが、
とても楽しくなるのを約束します。(本文より)

---------

   〈 仏像の4つのひみつ 〉


その1◎仏像たちにもソシキがある!

080427_butsuzo1_c1_2


その2◎仏像にもやわらかいのとカタイのがいる!

080427_butsuzo1_c2_3


その3◎仏像もやせたり太ったりする!

080427_butsuzo1_c3

その4◎仏像の中には何かがある!


------

仏像は、やせたり太ったりする!
仏像の中には何かがある。
知らずに接してきた仏像のほんとうの姿。
その本質を簡潔につかまえる。(帯コピーより)


----------

『仏像のひみつ』 →amazonへ

『続 仏像のひみつ』→当ブログ内関連記事へ
         →amazonへ

……………………………………………………………………………………

『仏像のひみつ』@yahoo!セカンドライフ

080427_butsuzo1_cover

『仏像のひみつ』
 山本勉=著
 川口澄子=イラスト
 2006年5月 朝日出版社


yahoo!セカンドライフ『仏像のひみつ』特集にて
著者の山本勉さんと共に
仏像鑑賞のポイントを紹介。


……………………………………………………………………………………

『続 仏像のひみつ』

「伝説の仏像本」第二弾!
ニューヨークのオークションで
話題の大日如来坐像を、運慶作と断定した著者が、
仏像の世界をやさしく案内。(朝日出版社HPより)

080427_butsuzou2_cover

『続 仏像のひみつ』→amazonへ
 山本勉=著
 川口澄子=イラスト
 2008年4月 朝日出版社

 

異例のベストセラーとなった『仏像のひみつ』に
続編ができました。

今回も、仏像と仲良くなれる4つの「ひみつ」で
奥深い世界へご招待。

仏像そっくりの日本の神さまがいる?

仏像ってじつはとってもおしゃれ!

国宝と重要文化財を含む、
博物館やお寺では見られない貴重な写真満載。

仏像の姿かたちから、「日本人の心」が見えてくる。
仏像の教科書、決定版!


---------


   〈 仏像の、あらたな4つのひみつ 〉


その5◎仏像ソシキのまわりにも誰かいる!

080427_butsuzou2_c1_2

その6◎仏像の着物にはソデがない!

080427_butsuzou2_c2


その7◎仏像の眼は光る

080427_butsuzou2_c3


その8◎仏像の色はイロイロ!

080427_butsuzou2_c4


『続 仏像のひみつ』、1470円にて発売中。

その1からその4のひみつは、
正編『仏像のひみつ』をご覧ください!

-----------

『続 仏像のひみつ』 →amazonへ

『仏像のひみつ』→当ブログ内関連記事へ
        →amazonへ

……………………………………………………………………………………

2008年4月10日 (木)

『おいしさのひみつ』

080410_zhajiangmian1


本ブログ〈サントリー烏龍茶2L〉の文末

  すこしずつ温かくなってきた今日この頃。

  担々麺か炸醤(ジャージャン)麺でもいただきませう。

と記し、ものすごく食べたくなって、炸醤麺の肉味噌をつくりました。

麺は市販の蒸しやきそば。

肉味噌はうどんにも合うし、ごはんにも合う。
温野菜にも合う。なので、作るときは多めに作ります。

080410_zhajiangmian3

肉を炒めるとき、油を多めに使います。
炒めるというより揚げ炒める。
油を多くするのもおいしさのコツ。


080410_zhajiangmian2

肉味噌は、挽肉ではなくて、細かく刻んだ豚バラ肉を使います。
これも、おいしさのコツ。
香味にしょうがのみじん切り。唐辛子は入れても入れなくても。
味噌は甜麺醤と信州味噌をまぜて。

作り方とコツの理由は
『ウー・ウェンの北京小麦粉料理』で材料と手順を、
『どうしてもわからなかった おいしさのひみつ』でコツを参照。

P1010078


『どうしてもわからなかった おいしさのひみつ』
 ウー・ウェンクッキングサロン読本1 小麦粉料理
  ウー・ウェン/著
  川口澄子  /画
  朝日出版社 /発行

P1010070

(掲載写真:撮影/佐藤克秋)

水餃子などの小麦粉料理は
北京などの中国北部では主食です。
(南部では米が主食です。)


P1010068


  料理研究家、 ウー・ウェンさんの
  クッキングサロンの本。
  北京の家庭で作られている小麦粉料理の
  作り方のひけつを初公開!

  イラストで楽しく教える
  テレビや雑誌ではあまり見せない、
  ウー・ウェンさんのユーモアあふれる教え方を再現!
 (朝日出版社HPより)


P1010069

小麦粉料理が主食の、中国北部の家庭で
ごくごく日常的に作られている料理。

家庭料理のおいしさは、生活の中から
生まれた知恵なのだということがわかります。

P1010079


サロンでは水餃子の皮からてづくりします。
小麦粉を水でこね、麺棒で生地をのばします。

生徒「せんせー、丸くなりません」
先生「中国の地図ですか」


中国北部では、ほんとうにごく日常の料理でも、
わたしにとっては日常の料理でない分、
レシピがわかっても、感覚的なコツまではどうしても見えない。

10年前、縁あってウーさんの料理教室、「ウー・ウェン
クッキングサロン」に通いはじめました。

中国地図のようなゆがんだ皮を作ったのは、わたしです。

作り方、食べ方、味、どれをとっても、
わたしの日常になかった料理でしたが、
教室で作り、試食し、すぐに
これは飽きのこない、いつも食べておいしい!
よその国の味でも自分ちの味になる!と好きになりました。

毎回、てづくりのテキストをいただくのですが、
その裏面に作り方の手順やコツを絵にして描いています。

理解が進むにつれ、裏面だけでは紙が足りなくなり、
今では一度の授業でA46枚くらい、絵でびっしりのスケッチが
生まれます。

そのようなスケッチがきっかけとなり、
ウーさんがサロンの本を作ることになったとき、
イラストを担当することになりました。

この本を作るために、サロンに通っていたのではなく、
サロンに通っていたからこそ、この本の絵が描けたと
思います。

「読者の皆様をサロンにお招きする気持ちで
 この本を作りました」      ウー・ウェン


【もくじ】
はじめに
ウー・ウェンクッキングサロンのご案内
メニューのご案内
小麦粉料理を作るときの基本&心得
基本のテクニック
生地の作り方

餃子の章
水餃子/小餃子/蒸餃子/鍋貼
コラム…サロンの流れ

餅の章
春餅/家常餅・葱花餅/焼餅/空心餅/油条・油餅
コラム…中国の食卓

焼麦の章
焼麦
コラム…ジャスミン茶

麺の章
担々麺/炸醤麺
コラム…料理の名前と中国語

饅頭・包子の章
花巻/金銀絲巻/包子/小籠包/水煎包


この本は、料理本でありながらレシピではなく、
作り方の流れや調理の考え方が核になっているので、
レシピどおり作りたい方は
前述の『ウー・ウェンの北京小麦粉料理』(髙橋書店)を
おすすめします。

本書に登場する料理と呼応するレシピが掲載されています。

何をおいしいと感じ、楽しむかは、毎日の家庭の料理で
磨いた自分の舌がいちばんよく知っている、と近頃感じます。

……………………………………………………………………………………

2008年4月 8日 (火)

サントリー烏龍茶 2L

080404_oolong1_2

2008年春より発売されている
サントリー烏龍茶 2Lペットボトルのパッケージにご注目!

裏面に「烏龍茶話」というコラムが載っています。
現在、その1からその4まで、4話、あります。

このコラムのイラストを担当しました。


◎その1 「烏龍茶ポリフェノールのこと」
 烏龍茶ポリフェノールとは?

080404_oolongs1080404_oolongsm1


◎その2 「フィンガーボールの烏龍茶」
 レストランや中華料理店で出される
 「フィンガーボール」に烏龍茶が使われることがあるという事実、
 ご存じでしたか?

080404_oolongs2080404_oolongsm2


◎その3 「烏(からす)と龍(りゅう)のお茶」
 烏龍茶はなぜ烏(からす)と龍(りゅう)のお茶と呼ばれるように
 なったのでしょう?

080404_oolongs3_2080404_oolongsm3_2


◎その4 「ふるさとは世界遺産」
 ユネスコの世界遺産に登録された
 中国福建省の武夷山(ぶいさん)とお茶の関係とは?

080404_oolongs4080404_oolongsm4


4種類、そろえてみてください。

2008年4月15日まで、
烏龍茶2Lペットボトルについている
応募シール4枚1口で
3000名様にル・クルーゼがあたる、
キャンペーン、やってます。


080404_oolong4


080404_oolong3_2


公式ホームページ サントリー烏龍茶

-----閑話休題-----

写真のお椀は中国北京市内で開かれる蚤の市
「潘家園旧貨市場」で買い求めたものです。

中国の担々麺は、もともと屋台食で、
このようなお椀に
辛味噌ダレをお椀に小さじ1杯ほど先に入れ、
ゆでたての、水をよく切ったうどんを入れ、
まぜあわせて食べます。
スープは入れません。

映画「初恋のきた道」にも、このようなお椀が出てきます。

庶民のための器で、民窯というそうです。
コバルト色の釉薬で紋様が描かれた器などは官窯といい、
貴族や官僚が焼かせていたことからそのような
呼ばれ方をするようです。

民窯も、状態のよいものは瑠璃廳(ルリチャン)という
骨董街で高値で売られているものもありました。

写真の器は、ごくごく庶民的な、素朴な、
たまにちょっとへたくそな絵付けもあったりします。

すこしずつ温かくなってきた今日この頃。

担々麺か炸醤(ジャージャン)麺でもいただきませう。


……………………………………………………………………………………

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »