« こけし考 | トップページ | 「味のツボ」第2回挿絵 »

2008年5月21日 (水)

「Chasen and Chakin」挿絵

080511_kie08s_chakin1


080511_kie08s_chakin2


「家庭画報特選 KIE」2008年春号掲載
特集「匠の技と美の究極」記事内、
「茶筅(ちゃせん)と茶巾(ちゃきん)」挿絵
文_江本多佳子
(Kateigaho International Edition 2008 Spring Issue Vol.19
 Pursuit of Perfection : The world of tradition and craftsmanship)


茶巾とは、「茶の湯で茶碗をふく布。奈良晒(ならざらし)など
麻布を多く用い、両端の切り口を裏表反対にかがってある(『大辞林』)」布のこと。

奈良晒とは、良質の高級麻織物のこと。

挿絵は裏千家流のたたみ方。
流派によって用いる茶巾のサイズや風合い、たたみ方が異なります。

千利休は茶の湯の精神のひとつとして

 水と湯と茶巾 茶筅に箸 
 楊枝柄杓と 心あたらしきよし

なる歌を残しており、流派ごとに仕様や方法がちがっていても、
お客様をお迎えする茶席では、清められた道具とその心持ちを
常に用意すること、と受け継がれています。


この号では、茶筅茶巾以外にも
次のような日本の伝統工芸品と作り手の心持ちについて
シンプルなアングルの、大きい写真と共に
国外に向けて紹介されているため、
かえって日本人にわかりやすい記事になっています。
記事は全文英語ですが、巻末に主要箇所のみ訳文がついています。

伝統工芸
・墨型
・奈良墨
・奈良筆
・茶筅と茶巾
・指物
・刀子(とうす)
・扇子


伝統的なものだけでなく、現代の日本文化として
「東京ポップカルチャー流ファッション」と
「東京の居酒屋21」なる記事が。

何百年以上続いている伝統と、
独創的な最先端のファッションと、
ローカル色の強い、庶民の憩い場居酒屋。

日本の中から発信している一方で、
外から眺めたような視点が盛り込まれているので、
知っているようで知らない日本が発見できます。

大扉には、毎号篠田桃紅の画と文が、
巻頭エッセイには志村ふくみの染織と文が連載されています。


「家庭画報特選 KIE」
クリエイティブ・ディレクター_アレクサンダー・ゲルマン
世界文化社 2008年4月1日発行
定価1260円(税込)

……………………………………………………………………………………

« こけし考 | トップページ | 「味のツボ」第2回挿絵 »