« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月17日 (火)

「禅の‘いろは’」第21回挿絵

玄侑宗久さんの連載エッセイ「禅の‘いろは’」第21回挿絵。
月刊誌『文蔵』2008年6月号掲載。


いろはがるたの「め」と「み」、
「目の上のこぶ」、「身から出た錆」がテーマ。

080617_iroha_me_2


「目の上のこぶ」

お説教があまりに長いので、
自分のために言ってくれているとはいえ、
目の上のたんこぶがたくさんできてしまう、
自分に実に正直な小僧さんの図です。

今日の説教では
たんこぶが三つできてしまいました。

080617_iroha_mi


「身から出た錆」

勉強の合間に
こっそり食べようと思って
机の中に隠していたドラ焼きのこと、
すっかり忘れていて、
久しぶりに引き出しをあけてみたら
カビがびっしり!にびっくりな
小僧さんの図です。

机から出たカビは
身から出たサビ。

「め」のかるたで和尚さんから受けたお説教は、
ドラ焼きをカビさせたもったいなさと、
勉強の合間におやつを食べたいなら
堂々と食べなさい!ということなのかもしれません。

……とこのような展開は
エッセイの本文とはまったく関係がございません。

いろはがるたの句から発想した妄想です。

月刊文庫「文蔵」
心ゆさぶる「小説&エッセイ」満載の月刊文庫
PHP研究所 刊行日:毎月月初
販売価格:500 円(税込)


……………………………………………………………………………………

「味のツボ」第3回挿絵


080614_nikkei_wu03_3


『日経 PLUS1』
「味のツボ」第3回
「黒酢の力」栄養と風味兼ね備える
 文_ウー・ウェン

2008年6月14日付に掲載。
次回第4回は2008年7月5日に掲載されます。


黒酢と黒酢料理についてご興味のある方は、
ウー・ウェン著『黒酢でおかず』(高橋書店)がおすすめです。

版元のサイトに
「ウー・ウェンさんが語る、黒酢の魅力」として
”おいしくて体と心にいい、黒酢の4つの効果”と、
イチオシ黒酢料理が6点、本から抜粋されて掲載されています。

『黒酢でおかず』

目次
●永遠のおかず 酢豚・酢鶏スペシャル
●黒酢使いの ボリュームおかず
●黒酢だれでいただく 定番中国おかず
●黒酢使いの スープ 麺 ご飯
●ウー・ウェン特製 黒酢ソースをストック

おいしさの秘密は黒酢にあり。もっと黒酢を料理に使いましょう!!

黒酢の力をご堪能ください。
黒酢は酢豚だけではありません。中国ではしょう油と同じように、
調味料として頻繁に使います。本書では酢豚・酢鶏はもちろん、
ご飯もの、麺、スープと様々な調理方法をご紹介。おいしいだけでなく、
体にもやさしい黒酢をぜひ活用してください。
(高橋書店HPより)


※『日経 PLUS1』は、生活に役立つ情報を掲載した
毎週土曜日付けの別刷りの新聞です。
 
……………………………………………………………………………………

2008年6月11日 (水)

ペットボトルおじさん

080610_petbottleman1


080610_petbottleman2

080610_petbottleman3

080610_petbottleman4


080610_petbottleman5


出張で東京に来ている父を
駅改札まで迎えに行ったときに遭遇。

酔っぱらってるのかな、と思いましたが、
このおじさんが駅構内に入ったあと
ちょうど父が電車を降り、
構内ですれちがったようで、
改札を出るなり、

父「あのな、さっき、頭に」

私「ペットボトルやろ!!!」

おじさんはどう見てもしらふだったそうです。

2008年6月10日
丸の内線本郷三丁目駅にて採集


……………………………………………………………………………………

2008年6月10日 (火)

『絵伝の果て』第2回挿絵


080610_eden02_2


『別册文藝春秋』2008年7月号掲載
早瀬乱 作 『絵伝の果て』第2回挿絵


乱世の京、零落公家の坊ちゃんが絵巻の謎を追う。
中世史エンターテインメント開幕。
『別册文藝春秋』HPより引用)

----------

『別册文藝春秋』2008年7月号
2008年6月8日発売 / 定価1500円(本体1429円)

……………………………………………………………………………………

『えんぎもの』第5回挿絵

080610_engimono5


『七緒』2008年夏号掲載 
連載エッセイ「えんぎもの」第5回 茶柱 挿絵
(文_編集部)

----------

『七緒』2008年夏号
2008年6月7日発売 、 定価1400円(本体1333円)

大人ですもの。夏きもの

特集 
◎3・5・7万円コース、取り揃えました。
◎〝手しごと〟にときめく旅
◎博多・石垣島・津軽へ
◎「大人の半幅帯」指南
◎涼しさに、びっくり。 品よく結ぶ半幅帯
 〝着付けの難関〟を軽やかにクリア     他

……………………………………………………………………………………

2008年6月 7日 (土)

下駄と浅草地図 挿絵

「家庭画報特選 KIE」2008年夏号掲載
特集「下駄 日本の美と粋を履く」挿絵
文_編集部

◎下駄の履き方

080608_kie08sm_geta1

◎浅草下駄地図

080608_kie08sm_getamap_3

(1)松本履物店
(2・3)辻屋
(4)富士屋
(5)和泉屋
(6)楽艸(らくそう)


本誌巻末アンケートに答えると、掲載の下駄が抽選で当たります。
(応募は2008年9月1日まで)

「家庭画報特選 KIE」
Kateigaho International Edition 2008 Summer Issue Vol.20

クリエイティブ・ディレクター_アレクサンダー・ゲルマン
世界文化社 2008年7月1日発行(6月8日現在、発売中です)
定価1260円(税込)

……………………………………………………………………………………

「味のツボ」第2回挿絵

080512_nikkei_wu02

『日経 PLUS1』
「味のツボ」第2回「野菜のいため物」
文_ウー・ウェン

2008年5月24日付に掲載。

次回第3回は2008年6月14日に掲載されます。


※『日経 PLUS1』は、生活に役立つ情報を掲載した
毎週土曜日付けの別刷りの新聞です。
 
……………………………………………………………………………………

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »