« 「禅の‘いろは’」第21回挿絵 | トップページ | 『味のツボ』第4回挿絵 »

2008年7月 4日 (金)

「禅の‘いろは’」第22回挿絵

玄侑宗久さんの連載エッセイ「禅の‘いろは’」第22回挿絵。
月刊誌『文蔵』2008年7月号掲載。


いろはがるたの「し」と「ゑ」、
「知らぬが仏」、「縁は異なもの」がテーマ。


080708_iroha_shi_2

「知らぬが仏」

お坊さんのエッセイなのに
最終回間際にようやく仏さま初登場。

だんご一本で大げんかするダルマちゃんと小僧さん。

080708_iroha_we


「縁は異なもの」

だんごを取り合ってけんかして
そして仲直りして妙に譲り合うふたり。

仏さまはお見通しなのであります。

……とこのような展開は
エッセイの本文とはまったく関係がございません。

いろはがるたの句から発想した妄想です。

月刊文庫「文蔵」
心ゆさぶる「小説&エッセイ」満載の月刊文庫
PHP研究所 刊行日:毎月月初
販売価格:500 円(税込)


……………………………………………………………………………………

« 「禅の‘いろは’」第21回挿絵 | トップページ | 『味のツボ』第4回挿絵 »