« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月29日 (火)

『味のツボ』第5回挿絵

080726_nikkei_wu05

『日経 PLUS1』
「味のツボ」第5回
「夏バテ解消にトウガン」 水分多く、淡泊な味
 文_ウー・ウェン

夏野菜なのに「冬瓜」と書くトウガン。
冬瓜の由来や、素材の特徴、
おすすめの組み合わせ食材、調理のコツなど
すっきりとしたわかりやすい文章で書かれています。

2008年7月26日付に掲載。
次回第6回は2008年8月16日に掲載されます。

※『日経 PLUS1』は、生活に役立つ情報を掲載した
毎週土曜日付けの別刷りの新聞です。
 
……………………………………………………………………………………

2008年7月 8日 (火)

『味のツボ』第4回挿絵

080708_nikkei_wu04_2

『日経 PLUS1』
「味のツボ」第4回
「トウバンジャンの底力」風味付けにも活躍
 文_ウー・ウェン

トウバンジャンは、中国・四川省特有の、
ソラマメの味噌ですが
唐辛子はもともとは入っていなかったそうです。

唐辛子の中国伝来は400年ほど前。

ですので、今回のイラストは
はるか遠くからやってきた唐辛子が、
ソラマメ味噌の世界へお邪魔している図に仕立てました。

本文では、上記のような豆知識もふくめ、
トウバンジャンの効用や、選び方のポイント、
料理方法のヒントが紹介されています。

2008年7月5日付に掲載。
次回第5回は2008年7月26日に掲載されます。

※『日経 PLUS1』は、生活に役立つ情報を掲載した
毎週土曜日付けの別刷りの新聞です。
 
……………………………………………………………………………………

2008年7月 4日 (金)

「禅の‘いろは’」第22回挿絵

玄侑宗久さんの連載エッセイ「禅の‘いろは’」第22回挿絵。
月刊誌『文蔵』2008年7月号掲載。


いろはがるたの「し」と「ゑ」、
「知らぬが仏」、「縁は異なもの」がテーマ。


080708_iroha_shi_2

「知らぬが仏」

お坊さんのエッセイなのに
最終回間際にようやく仏さま初登場。

だんご一本で大げんかするダルマちゃんと小僧さん。

080708_iroha_we


「縁は異なもの」

だんごを取り合ってけんかして
そして仲直りして妙に譲り合うふたり。

仏さまはお見通しなのであります。

……とこのような展開は
エッセイの本文とはまったく関係がございません。

いろはがるたの句から発想した妄想です。

月刊文庫「文蔵」
心ゆさぶる「小説&エッセイ」満載の月刊文庫
PHP研究所 刊行日:毎月月初
販売価格:500 円(税込)


……………………………………………………………………………………

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »