« 相似形2 | トップページ | 『最後の授業 ぼくの命があるうちに』挿絵 »

2008年8月21日 (木)

『味のツボ』第6回挿絵

080816_nikkei_wu06


『日経 PLUS1』
「味のツボ」第6回
「北京のジャージャー麺」 豚肉とみその相性抜群
 文_ウー・ウェン

ジャージャー麺、中国語では炸醤麺(ジャージャンメン)と書き、
炸は油で揚げる、醤はみそまたはしょうゆで煮込むの意。

炸醤麺は油で炒めたみそをかけた麺。

北京の名物料理とのことで、豚肉をいれるのが定番のようです。

日本ではジャージャー麺とも表記されます(記事中ではジャージャー麺)。

本ブログ内 炸醤麺紹介記事 ↓
http://kwgcsmc.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_f0d2.html

おいしいですよー

ウー・ウェンさんの炸醤麺レシピは
『ウー・ウェンの北京の小麦粉料理』にくわしいですよ。
肉みそだけでなく麺の作り方も載っています。

以上は新聞の掲載記事本文とはまったく関係がございません。
ウーさんの記事は日経プラス1でお楽しみください。

2008年8月16日付に掲載。
次回第7回は2008年9月6日に掲載されます。

※『日経 PLUS1』は、生活に役立つ情報を掲載した
毎週土曜日付けの別刷りの新聞です。
 
……………………………………………………………………………………

« 相似形2 | トップページ | 『最後の授業 ぼくの命があるうちに』挿絵 »