« 『最後の授業 ぼくの命があるうちに』挿絵 | トップページ | 18人の作家による「文房具展」 »

2008年9月 7日 (日)

「禅の‘いろは’」第24回挿絵

玄侑宗久さんの連載エッセイ「禅の‘いろは’」第24回挿絵。
月刊誌『文蔵』2008年9月号掲載。


いろはがるたの「せ」と「す」、
「背に腹はかえられぬ」、「粋(すい)が身を食う」がテーマ。


080907_iroha_se


「背に腹はかえられぬ」

腹も背にかえられぬ。腹には腹のツボがあるのじゃ。


***


080907_iroha_su


「粋(すい)が身を食う」

毎日のお弁当、豪華すぎては身代と体を潰します。
そして素朴なおむすびが、おいしく見えたりします。


……とこのような展開は
エッセイの本文とはまったく関係がございません。

いろはがるたの句から発想した妄想です。

月刊文庫「文蔵」
心ゆさぶる「小説&エッセイ」満載の月刊文庫
PHP研究所 刊行日:毎月月初
販売価格:500 円(税込)


……………………………………………………………………………………

« 『最後の授業 ぼくの命があるうちに』挿絵 | トップページ | 18人の作家による「文房具展」 »