« ムック『大久保信子さんの着付けのヒミツ』挿絵 | トップページ | 『味のツボ』第10回挿絵 »

2008年10月24日 (金)

ワークショップ@サントリー美術館

081022button

縁あってサントリー美術館にて、ワークショップを行います。

なかよしペアで参加していただき、
お互いのポートレートを描きあいっこするお絵かきの会。

どなたもたのしく描ける工夫をこらして
お待ちしております。

みなさまお誘い合わせの上、どうぞご参加ください!


以下、ワークショップ詳細です。(サントリーHPより)

巨匠ピカソ 魂のポートレート展 ワークショップ
「あなたもピカソ 顔を描いてみよう!」

  ピカソはもちろん、画家はよく、自分の顔を描いていますね。
  でも、それって意外と難しい!
  家族、恋人、お友達など、なかよしペアでお申し込みください。
  和気あいあい、見つめあいながら、お互いの顔を描いてみましょう。

  081022picasso1_2

  講師は当館のこども向け展覧会鑑賞支援ツール
  「おもしろびじゅつ帖」のイラストでおなじみの川口澄子氏です。

  日時:2008年11月29日(土)10時半〜12時半、14時半〜16時半
  講師:川口 澄子 氏(有限会社 文京図案室)
  対象:小学生から大人まで
  会場:サントリー美術館 6階ホール
  参加費:2500円
  定員:10時半〜12時半、14時半〜16時半ともに各15組(30名)

  ※ご参加の方は、当日に限り展覧会もご覧になれます。
  ※画材や材料は当館で用意します。

  応募〆切:11月8日(土)
  ※定員を超える応募があった場合は、抽選となります。
  ※ご参加にあたっては、当選はがきが必要となります。

  サントリー美術館 お申し込みサイト

***

「おもしろびじゅつ帖」とは?

サントリー美術館で中学生以下の入館者に
無料配布している、子どもの美術鑑賞の支援ツール。

2007年3月の開館記念展より
毎回展覧会ごとに異なるデザインや内容構成で
おもしろびじゅつ帖委員会が制作しています。

ワタクシ川口澄子はその一員として
イラストを担当しています。


081022kosode


たとえば、
2008年7月18日から9月21日まで開催の
「小袖 江戸のオートクチュール」展では、
小袖の着せ替えブックを制作!

小袖や帯、小物を切り取ってあわせれば、
素敵な小袖美人のできあがり。

江戸時代前期、中期、後期にわけて
3体の着せ替えができるようになっています。


081022kosode1


小袖と帯の図柄や形、日本髪など学術的なチェックも受け、
お子様向けといいつつ、オトナも思わずほしくなるような一冊です。

屏風仕様、絵巻物風、ぽち袋に入ったかるた風、等々の体裁で
キャラクター「南蛮人のボタンさん」たちが
展示作品を写真やイラストでおもしろおかしく解説。
クイズ形式など、あそび心いっぱいのワークブック。

080902_button
 ワタシ ガ ボタン デス

ピカソ展ではスケッチブック風になっており、
ボタンさんが巨匠ピカソと問答をしていきます。

読者もボタンさんといっしょに質問にこたえていくうちに
自分なりの「ポートレート」をつかめるしくみになっています。

今回のワークショップでは、このおもしろびじゅつ帖を使いますよ!!

ご期待ください。

081022picasso2

受賞歴:

2008年、第二回キッズデザイン賞
[金賞 経済産業大臣賞]感性価値デザイン賞

2008年、グッドデザイン賞
(領域/分類: 移動・ネットワーク領域/コミュニケーション
 - 企業などがおこなう広告・広報・CSR)


【 記事中関連 公式サイト 】
 ◆ サントリー美術館 

 ◆ キッズデザイン賞 感性価値デザイン賞

 ◆ 「小袖 江戸のオートクチュール」展 
   おもしろびじゅつ帖(小袖の着せ替えブック)

 ◆ グッドデザイン賞 展覧会鑑賞支援ツール [おもしろびじゅつ帖]

……………………………………………………………………………………

« ムック『大久保信子さんの着付けのヒミツ』挿絵 | トップページ | 『味のツボ』第10回挿絵 »