« 『味のツボ』第15回挿絵 | トップページ | 『味のツボ』第16回挿絵 »

2009年2月23日 (月)

書籍『薬膳レシピ 12か月』挿絵

090223yakuzen1


『薬膳レシピ 12か月』―健康でありたいシニア夫婦のために

漢方を処方していただいたのがご縁となり、
拙著『東洋見聞録 医の巻』を監修していただいた、
幸井俊高先生と奥様の由紀子さんが、
薬膳をもとに旬の食材で健康的な食事を紹介する本を
出版されました。

本書は『NHK食彩浪漫』で2006年4月から2008年3月に
連載されたものを再編集。

カバーイラストの鶴と亀の
のほほんとした幸せな掛け合いは、
幸井先生ご夫妻をモデルにして描きました。

     *

 毎日の食事に気を遣うことは、
 健康でありたいシニア夫婦にとって、
 大きな課題です。

 本書では「2月は血行を改善する」など、
 各月の食養生ポイントを示し、
 その月に食べたい食材と理由について、
 薬膳理論を交えて説明し、手軽な料理を紹介します。
 (日本放送出版協会サイトより)

     *

 幸井俊高先生プロフィール

 東京大学薬学部卒業。北京中医薬大学卒業。
 ジョージ・ワシントン大学経営大学院修了。
 1998年、中国政府より中医師の認定を受け、
 日本人として18人目の中医師となる。
 現在、帝国ホテル内「薬石花房 幸福薬局」代表。
 趣味は合気道、謡曲、盆栽、築地散策、山歩きなど。
 (薬石花房 幸福薬局サイトより)


--------------

『薬膳レシピ 12か月』

 幸井俊高、幸井由紀子 著
 坂本波男 アートディレクション
 佐藤裕佳(アクシャルデザイン) デザイン
 川口澄子 表紙イラスト
 日本放送出版協会 発行
 →■版元のサイトへ
 →■amazonへ
 2008年12月16日 発売
 1,575円 (本体1,500円+税)

……………………………………………………………………………………

« 『味のツボ』第15回挿絵 | トップページ | 『味のツボ』第16回挿絵 »