« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月25日 (木)

お知らせ

      Logo_suitosha

         < 独立のご案内 >
   
初夏の候、お健やかにお過ごしのことと、お慶び申しあげます。

さて、私こと、
この度10年にわたり在籍いたしました文京図案室を円満に退職し、
私個人でアトリエを構えるはこびとなりました。
常日頃、本ブログをご覧くださっている皆様に
あらためて心よりお礼申しあげます。

アトリエは、「水登舎(すいとうしゃ)」という屋号にて
平成21年5月5日より開業いたしました。
屋号の「水登舎」は、16年来公私ともにお世話になっている
ブックデザイナーの守先正様、コピーライターの伊藤みゆき様ご夫妻に
授けていただきました。

何色にも染まっていない、澄んだ水が入っている「水筒」にもかけて、
澄子の「澄」をヘンとツクリにわけた名前とのこと、
この名に恥じないお仕事を紡いでゆきたいと思います。

独立に際し、これまで「文京図案室画報」内に公開していた作品見本ページを
新たに「ひょうたん画報」へ移行いたしました。

http://homepage3.nifty.com/suito-sha/

これまで同様、「ひょうたん画報」は作品見本帖として運営し、
あたらしい情報はブログで公開してまいります。

まだ独立して間もなく、至らないところもたくさんあるかと思いますが、
挿絵、イラストルポ、図解、著作など、少しでも、これまで以上に
質のよいものをお届けできるよう尽力いたしますので、
今後ともよろしくお願い申しあげます。


平成21年6月25日

水登舎
川口澄子

2009年6月19日 (金)

『pen』2009年7月1日号 神社・お寺特集記事 挿絵

『pen』2009年7月1日号(発売日:6月15日)
「日本文化の源流を訪ねて
 神社とは何か? お寺とは何か?」特集記事 挿絵

090619pen090701_b1_2

▲P.79 記事〈仏教を生み出した、”ブッダ”の生涯とは?〉挿絵

       *

 古来から日本人は、「神道」と「仏教」の
 2つの宗教とともにあった。
 まったく異なる宗教にもかかわらず、
 「神社」と「お寺」は共存し続けてきた。

 信心深さを失ったはずの現代の日本人が、
 神域に身を置くと感じる癒しの空気──。
 いま、われわれにとって神社とお寺とは何なのか?
 神話や釈迦の教えから、それぞれの歴史と系譜、
 訪れるべき神社と仏閣まで、
 いまこそ知りたい、神社とお寺の魅力が
 たっぷり詰まった完全保存版です。
 (pen オフィシャルサイトより)

       *

記事〈我々のルーツを映す、「神話」の世界観。〉挿絵

090619pen090701_j1_3

▲P.70-71〈斎庭の稲穂〉挿絵

090619pen090701_j2_3


▲P.72-73〈イザナギとイザナミ〉挿絵

090619pen090701_j3_3


▲P.74〈天岩戸〉、P.75〈ヤマタノオロチ〉挿絵

090619pen090701_j4_3


▲P.76〈オオクニヌシ〉挿絵

       *

『pen』
7月15日号 (発売日:6月15日)
定価600円(税込)
発行/阪急コミュニケーションズ

090618pencover090701_2

表紙画/杉田尚美
……………………………………………………………………………………

2009年6月13日 (土)

ウェブ連載『訳せない・訳したくない古典のことば』第30回挿絵

090613yakusenai30

 「web日本語」連載エッセイ
文_大塚ひかり
『訳せない・訳したくない古典のことば』

2006年4月3日からはじまった古典エッセイ。
2コマの動画になるように挿絵を描いています(たまに1コマ)。
第30回のテーマは「泣く男」。侍姿はどちらも柳生十兵衛です。

本編エッセイはこちらからどうぞ。

「web日本語」とは、読者と小学館国語辞典編集部とでつくる、
日本語を楽しむための、小学館のサイトです。

連載はほかにも
 吉田戦車『日本語を使う日々』
 アーサー・ビナード『日本語ハラゴナシ』
 篠崎 晃一『共通な方言 あなたは方言に気づいてない?」

日本語ウンチク審議会という日本語クイズページもあります。

過去の挿絵より:
2007年2月1日付け 第11回「みちのく」
090613yakusenai11

2007年7月1日付け 第15回「男時(をどき)・女時(めどき)」
090613yakusenai16

2008年4月1日付け 第25回「ほがらほがら」
090613yakusenai25


……………………………………………………………………………………

2009年6月 3日 (水)

『和楽』2009年5月号〜連載「名医探訪」挿絵

090603_02vivi_1_5
(撮影/浅野剛)

『和楽』2009年5月号からはじまった連載、
〈美と健康を"予防”で保つ「検診」の「名医探訪」〉にて
挿絵を担当しています。

レポートは、女性医療ジャーナリストの増田美加さん。

6月号では、「女性のための生涯医療センター ViVi」所長、
産婦人科医の小田瑞恵医師を訪ね、子宮がん検診をレポート。


090603_02vivi_2_3

▲画像をクリックするとすこし大きい画像が出ます

レポートは毎回4ページにわたります。
6月号は最新の「歯」の検診をレポートします。

『和楽』
 定価 1300円(税込)
 発行 小学館

 ※通信販売のみでしたが、
  5月号より書店などにて購入できるようになりました。

……………………………………………………………………………………

« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »