« 2010年7月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年1月

2011年1月 1日 (土)

あけましておめでとうございます

110102_nenga

あけましておめでとうございます。

水登舎を構えまして
無事2回目のお正月を迎えました。

更新の少ないブログながら
ご覧くださっている皆様に
心より感謝申し上げます。

少しでも、これまで以上に
作品を紹介できるよう尽力いたします。

本年もよろしくお願い申し上げます。

  平成辛卯23年元日
        水登舎 川口澄子

……………………………………………………………………………………

新書挿絵『快楽でよみとく古典文学』

110101_koten01_2


小学館101新書『快楽でよみとく古典文学』
大塚ひかり・著、小学館・刊

2006年4月から2010年4月まで、
小学館サイト「web日本語」で連載されていた
エッセイ「訳せない・訳したくない古典のことば」に
イラストを描いていました。

このたび、大幅な加筆修正を経て、
昨年末に新書となって発売されました。

【小学館サイトより】
 学校では教えない、淫らで切ない古典文学

 古典の教科書に掲載されている文学作品には、
 もっとすごい話があった!!

 『源氏物語』『栄花物語』『日本霊異記』
 『古事記』『万葉集』…名前だけで
 頭の痛くなるような古典文学作品たち。

 掛詞や時代の流行など、あらゆる要素を考慮すると、
 古典文学はがらりとその顔つきを変えていく。

 倫理観0、ハレンチ系週刊誌も真っ青な
 「快楽」、「恋愛」、「性愛」がてんこもり。

 ある人は恋するあまり大便をなめ、
 ある人は養女や息子の妻にも手を出そうとする。
 全力で恋してHなことばかり考えていた平安&古代人。
 彼らの秘められた、おかしくも
 身につまされるエピソード集を一冊に。

110101_koten02_2


  編集者からのおすすめ情報
 これだけいきいきと古典文学をひもといた作品は稀少。
 あの言葉はそういう意味だったのか・・・、
 この作品にこんな話があったの!? など、
 「学生時代に読めば、古典が好きになれたのに!」
 と悔しくなるに違いない一冊。

 
連載時の未収録分は、
下記サイトで読むことができます。

→「快楽でよみとく古典文学」未収録分


小学館101新書
『快楽でよみとく古典文学』
著/大塚ひかり

判型/頁 新書判/192頁
定価   735円(税込)
発売日 2010年12月1日

→amazonへ


……………………………………………………………………………………

作品一覧

◎作品帖/商品パッケージ

サントリー烏龍茶 2L
梅酒にしませんか。
鶴亀めでたい柚子胡椒

◎作品帖/新聞挿絵

 『日経 PLUS1』連載コラム「味のツボ」挿絵 
 文_ウー・ウェン、2008年5月3日〜2009年1月31日

第1回「餃子」
第2回「野菜のいため物」
第3回「黒酢の力」
第4回「トウバンジャンの底力」
第5回「夏バテ解消にトウガン」
第6回「北京のジャージャー麺」
第7回「形も様々 春雨」
第8回「クリ」 
第9回「秋の味覚 きのこ」
第10回「中国のスープ」
第11回「麻婆豆腐」
第12回「中国の豆腐料理」
第13回「白菜」
第14回「黒豆」
第15回「もちギョーザ」
第16回「おかゆ」

◎作品帖/書籍挿絵

 食文化
『発酵美人』小泉武夫/著
『コーヒー「こつ」の科学』石脇智広/著
『薬膳レシピ 12か月』幸井俊高、幸井由紀子/著
ウー・ウェンクッキングサロン読本1 小麦粉料理
 『どうしてもわからなかった おいしさのひみつ』

ウー・ウェンクッキングサロン読本2 季節の家常菜
 『ウー・ウェンのおいしい野菜 四季の味』

 落語
『落語こてんパン』柳家喬太郎/著
『落語を観るならこのDVD』瀧口雅仁/著

 エッセイ
『快楽でよみとく古典文学』大塚ひかり/著
『とっぴんぱらりのぷぅ』田中芳樹/著
『最後の授業 ぼくの命があるうちに』
  ランディ・パウシュ+ジェフリー・ザスロー/著、矢羽野薫/訳

『禅のいろは』玄侑宗久/著

 日本文化
七緒ムック『大久保信子さんの着付けのヒミツ』
Pen BOOKS『神社とは何か? お寺とは何か?』
『仏像のひみつ』
『続 仏像のひみつ』

◎作品帖/著書


『お茶のすすめ』お気楽「茶道」ガイド
旧暦カレンダー『新旧 暦くらべ』2010年版
旧暦カレンダー『新旧 暦くらべ』2009年版
共著書『七十二候美味禮讚』 食いしん坊の料理人と画工の歳時記
『東洋見聞録 医の巻』


◎作品帖/雑誌挿絵

別冊太陽・太陽の地図帖
 ・第1号『白洲正子 十一面観音の旅〈奈良・大和路篇〉』本文挿絵

『pen』
 ・2009年7月1日号「神社とは何か? お寺とは何か?」特集記事挿絵

『和楽』連載「名医探訪」挿絵
 ・2009年5月号

『any』表紙画
 ・第67号 ポップでキュートな魔法じかけのダンス
 ・第68号 劇作家・鴻上尚史が伝えたいこと
 ・第69号 ようこそ、中也のメルヘン世界へ

『清流』玄侑宗久連載エッセイ「いのちの養生法」挿絵
 ・第1回

『別册文藝春秋』早瀬乱連載小説「絵伝の果て」挿絵
 ・第1回 第2回

『七緒』連載エッセイ「えんぎもの」挿絵
 ・第5回 茶柱
 ・第6回 大入袋 
 ・第9回 扇子

『文蔵』玄侑宗久連載エッセイ「禅のいろは」挿絵
 ・第20回 
 ・第21回 
 ・第22回 
 ・第23回 
 ・第24回

『家庭画報特選 KIE』
 ・2008年夏号「下駄と浅草地図」記事挿絵
 ・2008年春号「茶巾のたたみ方」記事挿絵

『BRUTUS』
 ・ 2007年7月17日発売号「こけし系統図」記事挿絵


『3分クッキング』松井今朝子連載エッセイ「今ごはん、昔ごはん」挿絵
 ・第7回 


『墨』連載「教えて先生!書のきほん」挿絵
 ・第6回文房四宝 


……………………………………………………………………………………

« 2010年7月 | トップページ | 2011年5月 »