2018年3月25日 (日)

NHKラジオテキスト 『まいにちイタリア語』2018年4月号挿絵

180315_litaliano1

NHKラジオテキスト
『まいにちイタリア語』2018年4月号
「イタリア語☆翻訳工房」イラストを担当。

2016年から2年目の再版です。

学生時代、イタリア美術留学を目指していた者として
非常にお世話になったNHK語学ラジオ・テキストブック。

留学はしなかったものの、留学先を探して1ヶ月ほど
現地滞在し、そのときにホームスティさせてもらった
イタリア人一家とはその後、うちの家族とも
交流を持つ間柄に進展しました。

ラジオやアーカイブで毎日ヒアリングし、
書き取りしてきたイタリア語。

現地では白水社の会話帳を首っ引きにして、
なんとかカタコトのイタリア語をしゃべっていました。
公園で一休みしていたときに
おじさんに英語で声をかけられ、
イタリア語で応えると
「おおお!そのイタリア語は
どこで学んだんだね、お嬢さん?!」と。

「ラジオでです〜 A la radio.」

「A la radio?? ラジオでイタリア語が
勉強できるなんて国があるのか??」

「日本です!」

いやほんと、ラジオ講座のおかげです。

それでも、ホームスティすると俄然、
ヒアリングも向上し、語彙も増えました。

「よく寝れた? Dormito bene?」
「わかった? Hai capito?」
「すぐ行く!Vengo subito!」
「つかれたー Sono stanca...」

忘れたと思っていてもよく使った言葉は
覚えているものですね。

その家の息子はほぼ同じ年で
地元の大学で日本文学を専攻。
(彼の同級生がわたしの通う大学に留学していて
紹介してもらったのです)

彼は伊勢物語、源氏物語にくわしく、プレステなど
日本のゲームファンでもあって、日本好き。
日本語はもちろん達者。

ごめん、伊勢物語も源氏物語も全部さいごまで
読んだことがない…と言うとビックリしてました。

「え、浮舟はわかるよね?」
「誰、それ…??」
「源氏物語の第三部、宇治十帖の「宿木」から
「夢浮橋」に出てくる女性で光源氏の弟の娘で
〜〜〜(解説続く)」
「おおお〜、よく知ってるねえ」
「なぜ日本人(しかも関西人)なのに知らない?!」

一方で美術を専攻しているワタクシ、
ヴェネツィアのグッゲンハイム美術館に行くと
伝えると「んー、行ったことないかな…」と。

「ニューヨークにもある現代美術の美術館だよ」
「あそこ、現代美術の美術館なの?」
「ピカソとかパウル・クレーとか
ダリとかマルセル・デュシャンとか
ブランクーシの作品がコレクションされてて…」
「おおお〜、よく知ってるねえ」
「なぜイタリア人なのに知らない?!」

隣の芝生は青い。

さて、イラスト紹介。
扉や本文にも登場する、辞書キャラも描いています。

180315_litaliano2

180315_litaliano3

作家・中島敦(1909-1942)が南洋庁国語編集書記
として南洋群島(現ミクロネシア)へ単身赴任中に
家族へ送った書簡が4月第1週と第2週の課題文です。

180315_litaliano4

4月第3週、第4週の課題文は伊丹十三のエッセー
『ヨーロッパ退屈日記』より「スパゲッティの正しい食べ方」!

1965年に発表されていますが、色あせることなく洒脱です。

スプーンをそえてクルクルとパスタを巻くのは
イタリアではフォークがうまく使えない子どもの食べ方、
先述のヴェネツィアっ子に教わりました。

ホストファミリーは「スミコはイタリアで育ってないんだから
無理せずスプーンを使ったほうがよければそうして。
わたしたちもお箸はうまく使えないから」と異文化を尊重する
家風。そういわれると、スプーンなしでも食べられるように
なりたくなるものです。

フォークでスパゲッティ2〜3本の端を取り、
パスタ皿の端を使って巻いていくとちょうど一口大になる。

伊丹サンが指南している食べ方とおんなじでした。

それから、日本のそばうどんは器を持ち、背筋をのばして
すすって食べますが、イタリアではズルズルとすすらない。
お皿は持たない。顔をお皿に近づける。

郷に入っては、です。

180315_litaliano5

180315_litaliano6

180315_litaliano7

ちなみにスパゲティは紐状のパスタのこと。
パスタは「麺類」のような総括語で、マカロニ、ペンネ、
ラザニアもパスタの一種。乾燥パスタと生パスタがあります。
イタリアのおかんが作る手打ちパスタは
炊きたてのごはん・つきたての餅・焼きたてのお好み焼き。

ソースもそれぞれの地方、家庭によって特性あり。

イタリアではよその州、よその国の料理を
家庭で作って食べるのはほぼないそうです。

が、ホストファミリーのお母さんは
隣国スロベニア出身。

郷土料理はその土地で気候風土を漢字ながら
そこに暮らす人たちと食べると
発見が多くて楽しいね、なんて話をしました。

20年前のことです。今は昔。

2018年1月25日 (木)

イラストルポ:朝ドラ「わろてんか」ドラマ・ガイドPart2

20180122_warotenka_guidebook2cover

朝ドラ「わろてんか」ドラマ・ガイドPart2に
制作現場潜入イラストルポを描きました。

本日1月25日発売です。

関西在住の強み?を活かし、
NHK大阪局の撮影スタジオにて
出演者では徳永えりさん(トキ役)、
前野朋哉さん(アサリ役)に、
制作スタッフではプロデューサー、持道具、
美術チーフにそれぞれの仕事の矜持を取材。

180125_warotenka1

てけてんてんてん♪
一部をすこしばかりご紹介。

180125_warotenka2


はてさてストラップの正体は?

180125_warotenka3


リアルサイズで作るとテレビではどう映る?!

180125_warotenka4


取材時に見学したシーンがようやく放送。
1月24日・第94回冒頭でアサリとキースが
漫才のネタを求めて銭湯を巡ってきて
のぼせて倒れる、というシーンです。
(取材は昨年11月中旬でした)

放送日よりも2ヶ月前に撮影しておくのですね。

このシーンの放送は数秒でしたが、
撮影はもちろん数秒では終わりません。
照明、音声、カメラワークの調整、
出演者の演技プランと演出のすり合わせ
等々が積み重なってのワンシーン。

裏方が準備をしてきたセット・道具の中で
どう演ずるか、の矜持をおうかがいしました。

180125_warotenka5_2


美術セットは撮影日よりも1ヶ月以上前に
準備を開始するそうです(そりゃそうだ)。
そしてそれを毎週くりかえす…
激務!!

(注)「美術デザインとは何か」は
ブログ上では鈴の図で伏せています。すみません。
ガイドブック上はちゃんと文字になっています。

取材時は病院のセットもあったのですが、
「誰が入院したかは聞かないでください」と
いろんな方に言われ(聞く前に)、
「あ、中心人物の誰かが…退場なのね」と
悟ってしまいました。

「ちりとてちん」以降、欠かさず朝ドラを
見続けてきている一ファンとして間近見学は
非常に心躍るものでしたが、
一視聴者としては知りたくなかったわあああ。

先を知らない楽しみっちゅうもんが
あるのです。

一方で、先もすこしは知りたい、裏も知りたい、
という視聴者の方々に楽しんでいただくのが
このガイドブック。

3ページに納めきれなかった現場裏話は
いっぱいあるのですが、別の機会に
別の形でうまく伝えたいものです。

たとえば…
どの封書の裏もちゃんと差出人が書いて
あって、当時の切手と消印が押してある。
裏面だし、重ねてあるしで
画面にはハッキリ映らないはずのところにも
当時のリアリティを持たせている。

一方でカフヱーマンマンの看板は
片面だけ彫り込んであり、その裏面は彫り込みなし。
撮影に合わせて彫り込みありの方に掛け替え、
予算を節約。
劇中でも謳われる「始末の精神」ここにあり。

ああ、書き出せばきりがない。

そしてこのイラストルポ、
主演の葵わかなさんが気に入ってくださったそうで、
まんたんウェブ」(マイナビニュース等)で
PRしてくださってます。

おあとがよろしいようで。ベンベン。

180125_warotenka6

『NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 わろてんか Part2』
価格 定価:1,188円(本体1,100円)
判型:AB判
ページ数:96ページ
ISBN 978-4-14-923582-0

2017年12月11日 (月)

情報誌『any』100号 表紙画

Any_100

財団法人山口市文化振興財団が年4回発行
している情報誌『any』の表紙画です。

100号よりデザイン、イラスト共にリニューアル。

----

『any』
発行:財団法人山口市文化振興財団
アートディレクションおよびデザイン:
野村勝久+坂本実央(野村デザイン制作室

……………………………………………………………………………………

2016年2月16日 (火)

『週刊現代』2月8日発売号 「カネ学入門」イラスト

160216_gendai

雑誌『週刊現代』に連載中の
藤原敬之さん連載エッセイ
「カネ学入門」イラスト
先週2月8日発売の2月20日号のテーマは
「トヨタ株が暗示する未来(1)」でした。

昨日2月15日発売の2月28日号掲載分は
どうぞ誌面でご覧ください!

2016年2月 8日 (月)

『週刊現代』2月1日発売号 「カネ学入門」イラスト

160208_gendai_david

雑誌『週刊現代』に連載中の
藤原敬之さん連載エッセイ
「カネ学入門」イラスト
先週2月1日発売の2月13日号のテーマは
デヴィット・ボウイでした。

本日2月8日発売の2月20日号掲載分は
どうぞ誌面でご覧ください!

2016年2月 1日 (月)

雑誌『週刊現代』連載「カネ学入門」イラスト

160201_gendai1

雑誌『週刊現代』
藤原敬之さん連載エッセイ
「カネ学入門」にイラストを描いています。

画像は先週1月25日発売の2月6日号で
イラストも先週掲載のものです。

160201_gendai2

2012年5月から続く連載です。
本日2月1日発売の2月13日号掲載の
カネ学テーマは「デヴィット・ボウイ」。
合掌…

藤原敬之さんは作家で元カリスマファンドマネージャー。
著書に『カネ遣いという教養』のほか、
「波多野聖」名義の小説『銭の戦争』など多数。
小説『メガバンク絶滅戦争』が2016年2月、
WOWOWでドラマ化。

2016年1月26日 (火)

NHKドラマ・ガイド『あさが来た」イラスト

NHKドラマ・ガイド
連続テレビ小説「あさが来た Part1」

160126_asaguide

主人公・白岡あさのモデルとなった
広岡浅子の功績、生涯を特集した記事
「広岡浅子ってどんな人?」イラスト。

160125_asa1

160125_asa2

登場人物「五代様」として人気の出た
五代友厚は「東の渋沢(栄一)、西の五代」と
称えられた実在の実業家で。
その生涯を追った「大阪を救った男・
五代友厚の生涯」イラスト。

160125_asa_godai1

160125_asa_godai2

「ちりとてちん」以降、毎回朝ドラを見てきた
朝ドラファンとしてうれしいお仕事でした。
もちろん「あさが来た」も欠かさず見ています。

………………………………………………………………………………

2013年1月 9日 (水)

雑誌『Hanako』と『婦人公論』挿絵

130119_fujinhanako

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2013年早々、雑誌『Hanako』と『婦人公論』、
それぞれの新年号に挿絵掲載です。

どちらも正月号らしく縁起のよい特集です。

『Hanako』は聖地特集。

今年遷宮がある伊勢神宮と出雲大社をとりあげています。
どちらもお参りしたことがある神社だったので
謹んでお引き受けしました。

〈伊勢神宮〉
雑誌『七緒』の取材で2007年に参拝。

この取材の半年後、所属していたデザイン事務所からの
独立を決めることになるのですが、ちゃっかり者なもんで、
「あのときのお参りで清めていただいた」ということに
しています。

〈出雲大社〉
昨秋に新婚旅行で参拝。

主人が縁結び祈願に2008年にお参りしていたので、
その御礼参りでした。

ということを担当編集者さんにお伝えしましたら
担当編集者さんも昨秋に入籍していて、
ライターさんも結婚したての方がほかにも2人。。。

さすが聖地特集号です(?)。

イラストは、「遷宮とは何か」の図解です。
マガジンハウスのHanakoサイト内「Read more」を
開くと4見開き目で閲覧できます。

…………
『Hanako』NO.1033(2013年1月4日発売)
特集「2013年、伊勢神宮と出雲大社が新しくなる!
   新生の地のパワーを求めて 聖地へ」

「遷宮とは何か」挿絵
http://magazineworld.jp/hanako/1033/
……………………

もうひとつは『婦人公論』の特集
「今年は、幸運を積み重ねる生き方を」挿絵です。

玉三郎さまが表紙の新春号です。

著名人、作家の生きるヒントや招福アドバイスが
おせちのお重みたいに詰め合わさってます。

…………
『婦人公論』2013年1月22日号
(発売は1月7日)
特集「今年は、幸運を積み重ねる生き方を」挿絵
http://www.fujinkoron.jp/newest_issue/index.html
……………………

今年もみなさまにとってよい一年となるよう、
お祈りしております。

……………………………………………………………………………………

2012年12月20日 (木)

ムック挿絵『白隠』(別冊太陽)

20121220hakuin

玄侑宗久和尚の文による「禅師、自愛の作法」に
養生法の挿絵を描きました。

白隠禅師が若い頃に難病を患った経験から生み出した、
独特の健康法に「内観の秘法」と
「軟穌(なんそ)の法」があります。

この二つは養心養生を示した長寿法として
今日まで伝えられ、多くの人々を救ってきたそうな。

「禅師、自愛の作法」ではその処方について、
玄侑宗久和尚の実践法を紹介し、
わかりやすく解説しています。

ご興味ある方はぜひ。

ちなみに、軟穌とはバターのことです。

『白隠 衆生本来仏なり』 (別冊太陽 日本のこころ)
芳澤勝弘・山下裕二監修 平凡社刊
http://twitpic.com/bmydyw


***

そして、東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムでは
『白隠展 HAKUIN』が開催中です。

http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/12_hakuin.html


……………………………………………………………………………………

2012年1月10日 (火)

そばの基本と用語解説図解 「BRUTUS」724号

みなさま、
あけましておめでとうございます。

20120109nenga


2012年辰年、水登舎を構えてから3年目を迎えます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

お知らせ諸々久しく滞る中、最新作品のお知らせです。

「BRUTUS」724号
特集「ラーメン、そば、うどん。」の
そばの基本と用語解説図解

2012年1月11日発売

http://magazineworld.jp/brutus/724/


……………………………………………………………………………………